ド素人のプログラミング教育への挑戦~初心者マイクラ講座~

2020年プログラミング教育に備え、親が先にマイクラで勉強を始めるも少し間違った方向に?

【マイクラ教育】プログラミング的思考=マイクラなのか?

このブログは、
なりふり構わず親の威厳を保ち続けることを目的とした奮闘記である。

 

先日、小学生の子供に宿題を聞かれた。

「じ・ぢ」、「ず・づ」の使い分けを問うもの。
 
そんなの簡単だと回答したのだが、後日、持ち帰ってきた採点の結果は、
 
バツバツ!!バツ!!!
 
必死で正解を疑う私を見て、子供がなぐさめる。親の面目、丸つぶれの瞬間だ。
 
そんな中、2020年から小学生プログラミング教育が始まる。いままでプログラミングとは無縁に生きてきた。

 

文部科学省の手引きによるとプログラミング教育はプログラムを作る必要はないようだ。プログラミング的思考を養うことが目的とのこと。助かった!
 
ん?プログラミング的思考!?
聞いたこともない言葉。このままでは再び悪夢が訪れる日は近いだろう。

 

プログラミング教育の教材を調べるとマインクラフトが多くでてくる。マインクラフトは昔、少しだけやったことがある。

 

昔?何年前?・・・3年ぐらい前??
 
先日、小泉さんと滝川クリステルさんの結婚報道をテレビで見た。「おもてなし」発言から6年。感覚的には3年ぐらい前に感じる。
 
歳をとると月日が経つのが早いというが、自分の感覚より倍のスピードで時間が過ぎていることになる。体内時計が狂いだしたとはこのことか。
 
体内時計が狂うと何でも3年前になる。
 
マインクラフトならできそうだ。
 
今更、マインクラフトと思う方もいるだろう。マインクラフトは2009年からある人気ゲームだそうだ。
 
プログラミング教育が始まることでこれから始める親御さんも増えてくると思われる。このブログが参考になればなによりだ。

 

プログラミング的思考とは何かを理解する為にも、とりあえず、やってみる。
 
まずは環境を揃えよう。
 
マインクラフトには3種類ある。
Java版>
機能・外部ツールが豊富。高性能PC必要。
<統合版>
マルチプレイ向き。Java版より機能が劣る。
<その他>
初心者に取り組みやすい。機能は一番劣る。
 
あるサイトでは「統合版」がおすすめとあった。おすすめは好きだ。迷った時は評判で決めるタイプ。無難が一番!


「人気ランキング」
「売れ筋ランキング」
「店長のおすすめ」
 
しかし安易に手を出してはいけない落とし穴がここにあった。
 
重要なのは対応機種が異なることだ。
Java版>パソコン
<統合版>Windows10、Switch、スマホ
<その他>PS4、DS3
 
今回の最大の目的は「親としての威厳を保つこと」。パソコン、Switchは家庭内でも使用頻度は高い。占有すれば邪魔者扱いされるのは間違いない。
 
幸いPS4はホコリを被った状態で放置されている。波風立てずにできるPS4版を選んだ。

 

パソコン、Switchを選べば間違いなく3日も持たずに強制終了することになっただろう。


はじめよう!マインクラフト!

 

さっそく家電量販店にてPS4版を購入してきた。2,000円ほどで意外と安い。取り組みやすさは抜群だ。

 

綺麗にPS4のホコリを拭き取り電源ON!少しファンの音が気になるが問題なくマインクラフトが起動する。

  

いよいよ実践に入っていく・・・

はずだった。

  

マインクラフトでプログラミング教育をするには「Makecode」機能が必要とのこと。

 

どこを探しても「Makecode」がない。

 

そう、PS4版にはその機能がついていなかったのだ。下調べに抜けがあった。いつも通りに「おすすめ」に乗っかるべきだった。

 

統合版のWindows10版であれば「Makecode」が使えたようだ。

 

とは言え、ここで辞めれば「威厳」どころではない。さて、いかがなものか。

 

単純にマインクラフトを楽しんでもプログラミング的思考を取得できるとは思えない。

 

何かできないかと調べたところ、マインクラフトには回路というものが存在することがわかった。

 

情報処理技術で使う論理演算というものらしい。「情報処理技術」と「プログラミング」なんとなく似ている気がする。

 

すでにプログラミング的思考から離れた気はするが体内時計が狂いだしている今、停滞は危険だ。とりあえず、やってみる。

 

マインクラフトにはクリエイティブモードとサバイバルモードがある。

 

クリエイティブモードとは、
・アイテム・ブロックが使いたい放題。
・ゲームオーバーがない。
・空が飛べる。

 

サバイバルモードとは、
・アイテム・ブロックはコツコツ集める。
・お腹がすいたり、溺れたりで体力が減る。
・空を飛ぶにはアイテムが必要。
・ゾンビなどの敵が襲い掛かってくる。

 

工作を楽しむならクリエイティブモード。

ゲームを楽しむならサバイバルモード。

 

今回はゲーム性はいらないのでクリエイティブモードを選択する。

 

ワールドに名前を付ける。

「いげん」と名づけることにした。 

minecraft start

 

いざ!いげんワールドへ・・・ 

minecraft TOP


なんかいい感じのところに出てきた。建物もあるし、草原や池、向こうの方には砂漠のようなところも。 

minecraft map1

minecraft map2


よき出足である。

 
いよいよ次回から回路の勉強に入っていく。何から始めればいいのかgoogle先生に聞いてみた。


「OK!google!マイクラの回路を教えて!」

 

「すみません、お役にたてそうにありません。」

 

自力で頑張れということか・・・。