ド素人のプログラミング教育への挑戦~初心者マイクラ講座~

2020年プログラミング教育に備え、親が先にマイクラで勉強を始めるも少し間違った方向に?

【マイクラ教育】クロック回路でロマンチックな打ち上げ花火を上げてみた

前回、XOR回路を使って「ええとこの子の家の階段」を作った。
 
どんどん勉強を進めていこう。よく使う回路と評判の「クロック回路」。今日はこれをやっていこうと思う。
 
クロック回路とはON、OFFがカチカチと自動で切り替わる装置のこと。リピーターとコンパレータの組み合わせだけでできるようだ。
 
現実社会で例えるなら車のウィンカーをイメージするとわかりやすい。あのカチカチだ。
 
カチカチ?何気に表現したが、これって読み手のイントネーション次第では硬いものを表しているように思うのでは?
 
そんな風にとらえる人がいるのだろうか。
 
「ウィンカーのカチカチ早くなったわ」
 
<正しい返答>
「ランプ切れてるのと違う?」
 
<間違った返答>
「お湯かけたら柔らかくなるんと違う?」
 
ウィンカーが硬いことを説明したいわけでない。硬いものを表現するときはカッチカッチやなぁが現代の定番である。
 
やはり言葉ではわかりにくいので実際の回路をみてみよう。
 
前もって設定しないといけない事がある。コンパレータはコントローラのL2を1回押してランプを点灯。リピーターはコントローラのL2を押して任意の遅延を設定する。

コンパレータの使い方

 
後は以下のように繋ぎ合わせればよい。

マイクラ XOR回路

 
ここでスイッチを入れると自動でON/OFFを繰り返すのでランプが玉切れ寸前の豆電球みたいになる。

マイクラ クロック回路

マイクラ クロック回路

 
さて、このクロック回路を使って何ができるのか。

ここで発想を膨らまそう!
 
発想は無限だ!
 
この動きでできること言えば
 

ロマンティックな演出

 
以前、「亀〇兄弟の練習」で使った分配装置。これを複数台つなぐ。

マイクラ 打ち上げ花火

 
そして中に入れるのは「花火」

マイクラ 打ち上げ花火の作り方

 
このままスイッチを入れるだけでは単なる打ち上げ花火になる。
 
ロマンティックと言えば・・・そう、第8話の「ロマンティックな電光掲示板」の「LOUE」に合体させることにした。


さてスタンバイ完了!

それでは!スイッチを入れてみる!
3、2、1、ロマンティック!
 

 
上から見るとこんな感じ。

 
これを作った時はスペルミスで子供のハートを捕まえることはできなかったが、これで汚名返上だ。早く見せたい!
 
それにしても花火がバンバン上がっている。とてもきれいだ。
 
バンバン?何気に表現したが、これってイントネーション次第では花火の衝撃を表しているようになるのではないか?今はたくさんを表現したい。
 
花火がバンバン
花火がドンドン
花火がドカンドカン
 
ダメだ、考え過ぎると、どれもしっくりこない。しかも地域によっても擬音は異なるんだろう。言葉で説明する難しさに直面した。
 
私が言いたいのは、
ヒューンって上がって、バーンってなって、お腹にドンして、パラパラして、ワーとなって、シーンとなって、チャンチャン
 
伝わったかな?
 
※今回参考にした、いままでの技術