ド素人のプログラミング教育への挑戦~初心者マイクラ講座~

2020年プログラミング教育に備え、親が先にマイクラで勉強を始めるも少し間違った方向に?

【マイクラ教育】トロッコエレベーターで友達救出作戦

先日、はじめて友達ができた喜びから手品をして遊んだ。しかし、それが裏目になり、お友達は暗い地下から出てこれなくなるハプニング。

 

彼を救い出す為に、色々と調べた結果、ついに発見。それが「トロッコエレベーター」というものである。

 

久しぶりにお友達の様子を覗いてみよう。

f:id:oyag-craft:20191103120305j:plain

 

寂しそうだが元気にしているようだ。いまから助けだす。もう少し待ってておくれ。

 

まずは、トロッコエレベーターの仕組みを理解してみる。

 

以下のように粘着ブロックの上にスライムブロックを置き、その上にレールを敷く。

f:id:oyag-craft:20191103120440j:plain

 

さらに、その上にトロッコを置くことでベースができあがる。

f:id:oyag-craft:20191103120515j:plain

 

ロッコが落ちないようにトロッコの周りには黒曜石で囲っておく。ここを黒曜石にしたのは、ピストンの動きにつられないものを置く必要があったから。

マイクラ トロッコエレベーター 土台

 

それでは、試運転をしてみよう。スイッチを準備して、ON!

 

 

よしよし、予定通り高く飛び上がった。このままでは、再び落ちてくるだけなので、上がった時に捕まえなければいけない。

 

そこで、以下のように上にも粘着ピストンとスライムブロックを用意する。粘着ピストンが動作するのは、少し遅らせる必要があるので、間にリピーターを入れた。タイマの設定はタイミングよくでるところに合わせる。

マイクラ トロッコエレベーター 回路

 

これでトロッコエレベーターの完成になる。実際に動かしてみよう。

再び、スイッチの前に立ち、ON!

 

高く飛び上がり、上空でスライムブロックが出てくる。

マイクラ トロッコエレベーター

 

ナイスキャッチ!

これを、あの落とし穴の中に作れば地上に出られるということだ。

 

ここで発想を膨らまそう!


発想は無限だ!


この動きでできること言えば

 

ロッコエレベーターで友達救出作戦

 

それでは実際に落とし穴にトロッコエレベーターを作っていく。少し場所が狭いので、落とし穴から少し離れたところを脱出口にした。

 

同じような回路を地下に作りこんだ。

 

まずは、きっちりジャンプできるか確認しておく。いきなりお友達にやってもらって何かあったらマズイ。そこでスタントマンを準備した。

 

それでは、試運転。スイッチON!

 

 

おおおっ!きれいにジャンプしてきたではないか。後はここにキャッチするものを作れば完成だ。

 

せっかくなので、完成する前に、お友達にも体験してもらおう。装置周りもきれいに整備して準備OK。

 

おっ、なんだかうれしそうな顔をしてるね。久しぶりの地上が楽しみなんだろう。

 

それでは搭乗。

「シートベルトの着用をお願いしま~す!」

 

それでは、地上へGO!

 

 

 

あれ???飛ばずに落ちた。

下を掘って調べてみたらエライことに。

 

 

なんだ?スライムブロックにめり込んでいる。どいうことだ?スライムブロックが邪魔だったのか?

 

スライムブロックを外して、もう一度。

それでは、地上へGO!

 

 

 

うあああああっ!お友達がピストンと合体してしもた。

 

いったい、どういうことなんだろう。スタントマンまではうまくいったのに、どうして、こうなったのかわからない。

 

この作戦は失敗で終わってしまった。

 

お友達は一歩も動けなくなってしまった。これなら、まだ、いままでの方がよかったのでは。急ぎ、救出しなければ。

 

もうひとつ作戦を持っている。

次回、必ず、助け出すよ!

 

※今回の関連記事

www.oyag-craft.com